電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

「よろしかったでしょうか」という言葉遣いについて

スポンサーリンク

言葉遣いについてはビジネス面でも非常に注意がされやすいもので、面接のシーン等でも目上の方からは聞かれている場合が多いですし、接客などのシーンでも聞かれている事が多いです。
しかし、最近では言葉遣いについて注意をする大人も減り、正しい日本語の使い方がされていないという場合は多く、その代表となる言葉の中に、よろしかったでしょうかという表現があります。
この言葉の意味の裏には、よろしいでしょうか、良いですか、等の意味が込められている事は間違いなく、受け取り側にもそれは伝わりますが、実際にはこの言葉遣いは誤っており、丁寧な言葉としても確立しがたい言葉遣いで、主に年長者の方々からは、違和感を感じずにいられなくなる使い方です。

スポンサーリンク

例えばよろしかったでしょうかのよろしかったという言葉に関して言えば、これは良かったという言葉の過去形となり、疑問形ではあまり使用されないものです。
でしょうかは丁寧な言葉として間違いではないのですが、若者が使い続けたことで広まってしまった間違った敬語のうちに入りますし、これを耳にして不快に感じる方というのは意外に多いものなので、接客業等では特に注意が必要ですし、ビジネス面でも正しく使えるようにしておくのが無難です。
よろしかったでしょうかという言葉遣いは、正しく言い変えるのであれば、よろしいでしょうか、良いですか、という言葉になり、よろしかったでしょうかという言葉遣いは、正しい言葉の使い方ではないので、注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加