電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

美しい言葉遣いについて

スポンサーリンク

世の中には美しいものと醜いものがあります。
それは言葉遣いにもいえることです。
しかし、時と場所を選ぶことも重要であると言えます。
例えば、宮中の言葉を日常的に使っていてもまったく意味がないのです。
確かに綺麗で格式のある言葉であることは確かですが、それは日常的に使う言葉ではないのです。
そのあたりのことよくよく理解してじっくりと言葉遣いを決めることです。
丁寧語、尊敬語、謙譲語、と言うのが今現在使われている言葉の種類で最も有名なことであり、分類の仕方です。
丁寧語は正式な敬語ではないのですが、穏やかな言葉遣いでよっぽどのことがない限りはこの丁寧語で十分です。
しかし、やけに気にする人はいますので注意することです。

スポンサーリンク

次いで、尊敬語です。
これが極めて特殊な階級の人、つまり前述の宮中の人とか貴族の人以外の言葉としては最高の言葉遣いということになります。
相手を立てる言葉遣いですから、社会人は基本的に相手に対してはこの尊敬語、と言う言葉を使うことになります。
謙譲語とは自分に対して使う言葉です。
自分の行動、自分の発言などに使われます。
例えば、一つ例を出してみます。
来る、と言う言葉があります。
謙譲語ですと参るであり、尊敬語ですといらっしゃる、ということになります。
このように同じ言葉でも尊敬語なのか、謙譲語なのか、と言うことによって言葉が変化がするのです。
これは非常に大事なことですから、しっかりと覚えておいて使うことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加