電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉遣いは丁寧すぎると反って失礼になります

スポンサーリンク

言葉というのは人間が意思の疎通をするのに必要なものです。
ですが言葉は使い方を誤ると違った意味で相手に伝わってしまうことがあるので注意が必要です。
初対面の人や目上の人に対しては失礼がないように敬語を使います。
ですが敬語というのは使い慣れていないと上手く使えないことが多いものです。
敬語は丁寧なら良いだろうと思って使ってしまうと、二重敬語になってしまい反って失礼になってしまうことがあるのです。
言葉遣いは丁寧すぎるのも良くないのです。
丁寧と丁寧すぎるは全くの別物なのです。
この差は微妙なところもありますから、日頃から敬語を使い慣れる必要があります。
敬語は急に使おうと思ってもおかしくなってしまうことがありますから、日頃から使っていることが大切なのです。

スポンサーリンク

目上の人に対しては失礼がないようにと丁寧すぎる言葉遣いをしがちです。
ですが丁寧すぎる言葉は反って失礼になってしまいますから、十分注意する必要があります。
もし言葉遣いに自信がなかったら、マナー教室に通ってしっかり学んだほうが良いです。
あやふやな敬語を使っていたのではいつまでたっても敬語が上達することはないですから、マナー教室で正しい敬語を教えてもらうのが一番と言えます。
敬語は大人の人でも正しく使えている人がそう多くはないものです。
ですからマナー教室は敬語に自信がない人なら誰でも通った方が良いと言えるのです。
敬語が美しい人は人間として尊敬に値する人です。
ですからそのような人間になれるように、マナー教室で敬語を学んだ方が良いのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加