電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

正しい言葉遣いの大切さ

スポンサーリンク

社会人になっても間違った言葉遣いを続けている人は、仕事上の信頼を得ることが難しくなる場合があります。
「正しい言葉遣いができないような人には任せられない。
」と思われてしまうのです。
せっかくスキルもやる気もある人であっても活かせないのは残念なことですよね。
正しい言葉遣いは社会人になったからと自動的に使えるようになる訳ではありません。
子どもの頃から特に家庭でしっかりと教えられる必要があります。
学校でも当然習いますが、子ども自身の内に誰が目上の人なのか、また、なぜ敬意を抱くべきなのかを教え込まれていなければ、せっかく習った正しい言葉遣いも使わずに忘れ去られてしまいます。
まずは家庭でしっかり教え込みましょう。
子どもに忌憚なく注意できるのは親しかいないからです。

スポンサーリンク

家庭で子どもに指導するためには、親自身も正しい言葉遣いを身に着けていなければなりません。
何気なく使っている言葉も間違っていることがあるので、新聞やニュース等で使い方を確認してみましょう。
子どもは乱暴な話し方を「格好いい」と思ってしまうものです。
憧れの芸能人やスポーツ選手の言葉をすぐに真似をします。
すべての有名人が正しい言葉で話す訳ではないので、どんな時にはその話し方はふさわしくないのか、どんな時にはきちんとした話しかたをするべきなのかを教えてあげましょう。
年齢に関わりなく、正しく、美しい言葉を遣える人は好印象で信頼を得やすいものです。
どんなに賢くても話し方がぞんざいな人は敬遠されてしまいます。
将来の財産になるような教育をするよう心がけましょう。
子どもは言葉を注意される過程はうるさがるかもしれませんが、いつか必ずその大切さを実感して感謝してくれるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加