電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

新人研修で学べる正しい言葉遣いの電話応対マニュアル

スポンサーリンク

研修で電話応対マナーを教育している会社も多いと思います。
顔が見えませんから、その会社のイメージとなります。
マナーひとつでイメージが分かりますから、ちゃんと正しい言葉遣いを勉強する必要があります。
新社会人の方でも新人研修でしっかり学ぶことができます。
会社によっては3コールや5コール以内に出ると決められています。
当然ですが、お客さんを待たせるのはよくありません。
待たせないことが大切です。
待たせてしまった時にはちゃんとお待たせしましたという対応も必要です。
会社にもよりますが、5コール以上待たせてしまった場合は大変お待たせしましたという電話応対マニュアルもつくられています。
新人はまずはマニュアルを身につけていくことが大切です。

スポンサーリンク

当たり前ですが、第一声は明るくはっきりとして声で対応します。
相手に聞き取りやすい話し方も正しい言葉遣い同様大切です。
時にはクレームを受ける時もあります。
このような場合もマニュアル通り正しい言葉遣いで対応することが大切です。
クレームを受けた場合は、まずは、お客さんの話をよく聞いてから対応します。
相手が間違っていても相手を責めたり、相手の話をさえぎることはしてはいません。
最近は、クレーム対応のマニュアルを用意している会社がほとんどです。
正しい言葉遣いが分からない方にもしっかり学べます。
最後にはクレームを伝えてくれたことを感謝します。
じっくり学びたい方には、書籍やDVDもおすすめです。
DVDならすぐに理解することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加