電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

「そうなんですか」、「そうなんですね」、をつかった言葉遣いについて

スポンサーリンク

そうなんですか、そうなんですね、は同じような意味あいの言葉ですが、話し方や聞き手によって、そうなんですね、はいろんな印象を受ける言葉だと思います。
そうなんですね、はここ数年でとくによく聞くようになった気がします。
保険外交員の方や、デパートなどの接客業をされている方などが比較的よくつかう言葉遣いのように感じます。
そうなんですか、は目上の方に物事を教わる時に使用すると、教えてくださった方は、ああ、知らなかったんだな。
教えてよかったな。
ととても気持ちがよくなる言葉遣いだとおもいます。
言い方も大切です。
相手の方を気持ちよくさせたいならば、抑揚をつけて身振り手振りを少しそえて話すとより効果的だとおもいます。

スポンサーリンク

一方で、そうなんですねは少しつかい方が難しい気がします。
そうなんですか、と同じように目上の方に物事を教わっている時に使うと、まれに気分を害してしまう方もおられるからです。
そうなんですかと同じような意味合いでつかっていても、使う状況や言い方によっては、最初から知っていて相槌をうっているだけのようにとれるという人もいます。
こちらも、身振り手振りをつけて、驚いた様子で、抑揚をつけながら使用すると、そうなんですか、と同じように相手の方は教えてあげられたという喜びを感じてくれると思います。
言葉遣いとは、ほんとうに難しいものだとおもいます。
しかし、言葉遣いひとつで、人間関係が壊れてしまったりもするので、慎重につかうことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加