電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉遣いと育ちについて

スポンサーリンク

日本では各都道府県により標準語から多くの方言が存在しますその時に、自分が生まれ育った環境により言葉遣いというものが大きく影響をされます。
簡単にいうと関西弁を使っているのであれば、その人の育ちは大阪周辺であると予測ができます。
ここでは、まずここでは言葉遣いと育ちに関係について書いていきます。
言葉遣いは、基本的には親からこどもへ伝わるものです。
そのため、親が教育をしていくときに、乱暴な言葉や間違った言葉を教えてしまうと、そうした環境で育ったこどもはその影響を大きく受けます。
そのため、育ちの環境というのは大変重要になります。
言葉の遣い方の教育をきちんとしておかないと他人に迷惑をかけたり、印象が悪くなる可能性があります。

スポンサーリンク

次に、言葉の遣い方と育ちでいうと、社会に出たときに、言葉のい方がよくないと『育ちが悪い』といわれることがあります。
もちろん、人柄について述べているのではなく、話し方だけからの判断になります。
このように、社会に出て会社で働くようになった時に、きちんとして言葉遣いができないと、どんなに良い人であっても人に誤解を与え、悪い印象を与えてしまう可能性があります。
これは会社だけの話だけではなく、友人関係や恋人に対しても同様です。
付き合う人が変わっても同じ人間であることには変わりないので、仲が良い場合であっても言葉遣いには配慮が必要になります。
このように、標準語、方言関係なく言葉遣いと育ちは関係があり、どんあな人に対してでも、言葉の遣い方については配慮をしていく必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加