電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

「了解しました」という言葉遣いについて

スポンサーリンク

会社に入社して社会人になってきますと、先輩方々からいろいろ仕事について指導されることが増えてきます。
それは先輩ならではの仕事でもあり当然の役割でもありますので指導したり教えたりするのです。
その上で新人たちは仕事を覚えていったり試行錯誤しながら仕事に取り組んだりするようになっていくわけです。
最終的には自分ひとりで責任を持って仕事を担うことになっていきます。
そうなるために先輩方々は指導していくのです。
教えられることや依頼されることが増えていくにしたがって、先輩方々や上司に依頼されたことに対してわかりましたと返信をする際、了解しましたという言葉遣いを使う新人が多いのですがそこのあなたは大丈夫でしょうか。

スポンサーリンク

了解しましたという言葉遣いは一見、丁寧な言葉遣いでもあるように見えますが実際は、こちらの言葉遣いは目上の人には絶対に使ってはいけないのです。
まして上司や部長に対して使うなんてとんでもない言葉遣いになるのです。
なぜならば、こちらの、了解しましたというのは自分が上位に立った立場で使う言葉でもあります。
または相手と対等の立場として使う言葉でもあります。
では自分より目上の人や先輩方々、そして部長などの上司に対してはどのような言葉遣いを使うべきかといいますと、承知しましたもしくは承知いたしましたが正しい言葉になります。
新人だからと最初のうちは目をつぶってくれるかもしれませんが回数を重ねるごとに印象が悪くなってしまいかねませんので、きちんと調べて確認してから使っていくことをオススメします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加