電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

プレゼンでの言葉遣いについて

スポンサーリンク

プレゼンでの発表は、誰でも緊張をするものです。
その日のために用意した資料や文章を、大勢の前で発表するわけです。
何回事前に練習を重ねたとしても、本番では思いもよらないようなハプニングが起こることもあります。
少しでも良いプレゼンとなるように、言葉遣いから考えていきましょう。
 マイクを使うかどうかですが、マイクを使用する場合は、音量が適切であるかどうか、事前に確認しておきましょう。
 言葉遣いについてですが、まずは「原稿をゆっくり読むこと」を心がけていきましょう。
人間は緊張していると、早くこの場から解放されたいと無意識に思い、いつの間にか早口になってしまうことがあります。
普段よりも少し遅いぐらいのテンポで読むのが、プレゼンでは喜ばれます。

スポンサーリンク

 次に文章についてですが、原稿をあまり論文調のような、堅苦しい文章にしない方が良いです。
書いているのは自分だけですから、自分はうまく理解できますが、聞き手側は当日初めて聞く文章ですので、あまり堅苦しいと意味がよく伝わらない可能性があります。
一度文章を書いてみたら、聞く側の立場に立ってみて、伝わりやすい言葉に変換するなど、工夫をしてみましょう。
 言葉遣いの音程についても、プレゼンでは注意が必要です。
一般的に高い声だと明るく聞こえ、低い声だと暗く聞こえる傾向にあります。
普段から低い声の方は、プレゼンの時だけでも高い声を出すように意識をしてみて下さい。
また、高い声には聞く側の注意を喚起する側面もあります。
プレゼンで強調したい箇所は、あえて高い声にしてみるという手段はいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加