電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

「お疲れ様」という言葉遣い

スポンサーリンク

社会人になれば、誰もが使う言葉があります。
その中の一つに「お疲れ様」という言葉がありますが、この言葉を使うにはマナーが存在します。
社会人として失礼のないように、正しい言葉遣いを学んでおきましょう。
例えば、お疲れ様と似た言葉に「ご苦労様」という言葉がありますが、使い分けのシーンを間違ってしまっている人は少なくありません。
ご苦労様と言う言葉は、目下の人に対してする挨拶です。
対してお疲れ様は目上の人に対してする挨拶です。
ちょっとしたことですが、言葉遣いを誤ると相手に対して大変失礼ですし、自分も恥をかくことになります。
マナーは一朝一夕で身に付くようなものではありませんが、正しく学ぶ姿勢が大切になるでしょう。

スポンサーリンク

こういった言葉遣いを正しく使用するためには、その言葉に隠された真意を見極めることが必要です。
どちらも労いの言葉に違いはないですが、お疲れ様は共同で行ったことに対しての労いで、ご苦労様はお殿様が家来に対する「ご苦労」と言う言葉が発生だとされているので、目上の人に対してご苦労様と言う言葉は正しくないとされています。
よくよく言葉の意味を考えていれば、言葉遣いのマナーも失敗することが減りますね。
最近では、通常の敬語も使えない若者が増えています。
こういったことは経験で培われていくものですので、直ぐにはできなくても正しい言葉遣いをしていくという心構えを持つことで、自然と正しいマナーを身につけることができるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加