電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

ネチケットとしての言葉遣い

スポンサーリンク

情報化社会、一般家庭へのインターネットの大幅な普及、さらにはツイッターやフェイスブックなどのSNSの登場と、人々がネットの世界に足を踏み入れる機会が非常に多くなった昨今、「ネチケット」と呼ばれるようなインターネットの世界での人々とのやり取りについてのマナーの総称ができるなど、ネット文化が非常に普及してきました。
ところが、普及しすぎたが故にそうした「ネチケット」としては不適切な事態があちこちで発生してくるようになりました。
主にそうした面で疑問を投じられるのが言葉遣いについてです。
インターネットの普及により人の顔が見えないでもやり取りができるからこそ、安易な人を愚弄するような言葉が使われるようになっているのです。

スポンサーリンク

実例はあちらこちらに転がっているため、一度自分で調べて見るのもいいと思います。
多くの場合は相手に対する不服から来るストレスの暴言、場所によっては交渉事や相談事に対する返答の仕方に対しての指摘など言葉のネチケットについての話です。
こうした事態については双方に一つずつ改善策が挙げられます。
暴言、罵倒を吐く側の人間はそれがその場にとって本当に必要なものなのかもう一度自問自答すること。
対面でないからこそ感情的になった行動を見つめ返す余裕を持つことが必要になります。
一方受けた側は、落ち度があればそれを謝罪または反省、無ければいっそのこと無視してしまうのも一つです。
こちらに落ち度が無いなら相手にするだけ無駄に労力を使うことになります。
ネチケットについてはこれからも多くの点で考えることになるでしょうが、共通して言えることは、火種を作らない、拾わないと心の余裕を持つことが一番大切になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加