電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

「なるほど」などのような目上の人に使えない言葉遣い

スポンサーリンク

社会人にとって敬語の使い方は重要です。
言葉遣いの中でも特に敬語はよく使う上に知識の差がかなり付くところでもあります。
敬語の使い方は基本的に目上の人と接することで覚えることが一般的です。
昔は年上の人と話す機会が多かったので敬語は自然と覚えることが出来ました。
しかし、最近ではあまり近所付き合いなどが減った影響で敬語を使う機会が減ってしまいました。
なので、社会人になっていきなり敬語をたくさん使わなければならないという人が増えています。
そういった状況に困ったビジネスマンは本やインターネットで勉強をすることが多いです。
最近はそういったビジネスマン向けの言葉遣いの本も売っています。
本屋でも敬語の本がたくさん積まれています。

スポンサーリンク

敬語でなくても普段使っていることがあまりビジネス向けでは無いことがあります。
例えば、なるほどという言葉です。
この言葉は基本的に目上の人に使う言葉ではありません。
しかし、それを知らずに使ってしまう人も多いです。
また、お疲れ様ですという言葉も本来は目上の人には使ってはいけない言葉ですが、あまりに一般的になってしまいましたので、多用する人も多いです。
それどころか、積極的に使うように促している会社もあります。
このように、ふだん何気なく使っている言葉が実際は丁寧でないということは頻繁に起こりえます。
そういった気付かずに使ってしまう言葉を最近ではクイズ番組でよく取り上げています。
そういった問題を見ることでやっと正しい言葉でないことに気づくようになった人も増えました。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加