電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

女性の言葉遣いで、男性が気になる「食う」

スポンサーリンク

女性の言葉遣いが、どうしても気になるという男性は意外と多い。
特に汚い言葉を使った時点で、相手への印象が変わってしまうものです。
では、どんな言葉遣いが男性に嫌われるのでしょうか。
食事の際に「食う」と平気で言ってしまう女性は危険です。
「食う」は、頂いて飲食するという意味なのですが、他に、不利になる、損をするなど、好ましくない行為を受ける際にも用いられますので、綺麗な表現をする言葉とは言えません。
やたら連呼すると、特に下品に聞こえてしまうようです。
ですので、「食べたい」という風に置き換えたほうがいいのです。
特に言葉遣いは、品性において一番ボロが出やすい個所と呼ばれるので、日頃の行いを見直すいい機会でもあります。

スポンサーリンク

さらに、「うまい」という言葉を使っていませんか。
「うまい」を、上手だ、手際がよいなどの褒め言葉として使うのならまだしも、味を褒める際に使うことは避けるべきです。
「うまい」は男性が用いる言葉で、女性が用いる言葉の「おいしい」というものがあります。
「おいしい」は「うまい」に比べて、丁寧で上品な感じが強く、繊細な印象も与えてくれる言葉です。
日本語には男言葉と女言葉が存在します。
「うまい」は男言葉で、決して上品な言葉ではなく、公共の場で使うべき言葉でもないのです。
わざわざ、男性らしく、とても下品な言葉を使ってまで、味を褒める必要はないのです。
美しい言葉遣いは、美しい女性を体現すると言われます。
言葉の使い方を変えるだけで、女子力をUPすることにつながるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加