電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

身につけたい言葉遣い、クッション言葉とは

スポンサーリンク

クッション言葉とは、言葉の前につける言葉で、言葉全体を和らげるクッションのような役割をする言葉です。
主にビジネスシーンでよく使われる言葉です。
同じことを言う場合でもクッション言葉を入れることで、印象ががらりと変わることがあります。
ビジネスを円滑に進めるために是非身につけたい言葉遣いです。
クッション言葉にはいくつか種類があります。
まず代表的なのは、相手にお願いをするときです。
たとえば、お客さまにサインをして欲しいときに、「サインをいただけますか」といきなり言うのではなく、「恐れ入りますが、サインをいただけますか」とお願いすることによって、単刀直入にお願いするよりもずっと柔らかく優しい印象になります。

スポンサーリンク

他にもクッション言葉がよく使われるのは、反対意見を述べるときです。
ビジネスシーンでは時に反対意見を述べて、議論に持ち込まなければいけない場面も多々あります。
しかし、あまりにも直接的な表現をしてしまうと、冷たい印象を与えてしまいます。
たとえば、「おっしゃることはわかりますが」「確かのその通りとは存じますが」などのクッション言葉を入れると、反対意見も言いやすくなります。
他にも相手の提案を拒否するときにも使えます。
「申し訳ありませんが、今回はお断りします」「せっかくですが、本日はお引き取りください」「大変恐縮ですが、遠慮させていただきます」というようなフレーズはビジネスシーンだけでなく、日常生活でも役に立つ便利なクッション言葉です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加