電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

「くださいませ」という言葉遣いについて

スポンサーリンク

多くの人が利用している敬語ですが、これらはしっかりと訓練されて使っているものではなく、仕事や生活の中で学んだ言葉遣いを活用しているだけなので時には使い方を間違ってしまう事もあります。
特にほとんど使う事のない「くださいませ」は主に一方的に何かを指し示したり提案する時に使われる丁寧な表現で、相手の体調をうかがう時等に「ご自愛くださいませ」というような使い方をするものです。
一般的に多いのはお店の店員がこれらをお客様に対して活用する事で、しっかりとお客様への気遣いをも表す言葉として使われることが多いものです。
「ませ」という店員が少し謙って使う言葉を用いるのでお客様は少しでも気持ちよく買い物をすることができます。

スポンサーリンク

 相手を敬ったり、謙っていながらも何かを提案したい時によく用いられるこの表現は日本人の奥ゆかしさを端的に表す表現という事ができるでしょう。
かなり誰にでも用いる事の出来る表現ですが、簡単に用いることは無く、主に目上のものに対して話をする時に必要なものとなります。
また相手に対して丁寧な物言いをする時にも使用されるので伝える内容に誤りがあると少し相手に不快な嫌味な言い方をすることになってしまうので十分に注意するようにしましょう。
簡単な提案でかつ、分かりやすくシンプルな者であれば気軽に発する事ができるので深刻な事ではあまり利用しない方が良いでしょう。
また、何かをお願いする時にも利用される言葉なので上手に活用する事が望ましいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加