電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉遣いで問題となるのが「結構です」の使い方です

スポンサーリンク

子供ならいざ知らず、社会人になったら言葉遣いには十分気をつける必要があります。
言葉というのは人によって捉え方が変わることがあります。
こちらは良い意味で言ったにも関わらず、相手の人は悪い意味に取ってしまうこともあるのです。
人間は社会に中でしか生きてはいけませんから、人間関係を悪くするようなことはしないほうが良いと言えます。
ですから言葉遣いというのは大変重要になってくるのです。
特に目上の人に対しては十分気を付ける必要があります。
社会というのは上下関係がしっかりしていますから、目上の人に良く思われなければ社会で生きていくことはできないのです。
ですから目上の人に対しては十分注意して行動する必要があります。

スポンサーリンク

言葉遣いで問題となるのが結構ですの使い方です。
結構ですという言葉は二つの意味があるのです。
一つは了解したという意味です。
あることに対して良いですよと答えるときに使うものです。
もう一つが断る時に使うものです。
結構ですといえば要らないという意味にもなるのです。
ですから結構というのは承諾するときにも断る時にも使うことがあるのです。
これは相手の捉え方によって変わることがありますから注意が必要なのです。
こちらが断る意味で結構ですと言ったとしても、相手は承諾した意味で取ることもあるのです。
ですから断ったつもりがOKを出してしまったということになることもあるのです。
ですから結構ですという言葉は使い方が難しいのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加