電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

子供の悪い言葉遣いを改善する方法

スポンサーリンク

お子さんがいらっしゃる家庭の方で、子どもの乱暴な言葉遣いを治したいと考えている人はいますか。
例えば、子供が怒鳴りつけるような口調で物を言ったり また「お茶」とか「ふきん」とか欲しい物を大人に対して命令調で言ったり、「ウザイ」「キモイ」「死ね」のような、人をののしる言葉を改善したいと考えている人は多いのではないでしょうか。
このような子どもたちの言葉遣いに影響を与えるものとして、「テレビ」85、8%、「母親」73、9%、「父親」69、3%とある調査で分かっています。
子供の悪い言葉遣いのほとんどは、親の口調を真似したり、流行語などに敏感な子が繰り返し使うのをまねしているだけです。
よって、相手に与える影響   スポンサーリンク

はもちろん、言葉の意味も理解できていません。
ですから、改善するには、親がまず正しい言葉を使う必要があります。
子供というのは、親の使っている言葉を聞いて覚えます。
ですから、子供の前では意識して、悪い言葉や汚い言葉を慎むようにしましょう。
そして、もしも子供が悪い言葉遣いをしたら、根気強く、気持ちを込めて、正しい言葉をきちんと伝えることが大事です。
子供が使った言葉を聞いて、遊んでいる友達や周りの人がどんな気持ちになるのかきちんと分かるまで説明してあげましょう。
子供というのは、一度言っただけでは絶対改善することができないので、根気強く言い聞かせるようにしましょう。
子供をお持ちの方は参考にしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加