電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

「食う」は女性の言葉遣いとして美しくない

スポンサーリンク

食う、という言葉遣いは、男性であっても好ましい言葉ではありませんが、女性が使う言葉遣いとしては、美しく響きません。
しかし、年齢を問わずに、女性のグループから聞こえることがあります。
親しいグループで気取りのない会話は楽しく、言葉遣いもカジュアルになるものですが、食うの他にもヤバイ、スゲ〜などは、聞きたくありません。
ゴルフの午前のラウンドが終わって、食事中などに、こんな会話が聞こえて来る時があります。
親しいグループで開放感からの言葉遣いでしょう。
しかし、メイクをしてお洒落をしての言葉遣いとは、かけ離れていて、違和感があります。
言葉遣いは、男性、女性、ある程度年齢で分かれていても差別などではありません。

スポンサーリンク

しかし、昔ばなしなどで、お婆さんが、食う、という言葉を使っていたとしても、奇妙には響きません。
今でも地方によっては、男女を問わずに使っている言葉かも知れません。
その場合は、その場の雰囲気に合っている筈です。
時々女性が使っている食うは、女性だけの間で使っている場合が多いようです。
若い子同士で使っているなら、耳にしても、苦笑い程度のことですが、中高年の女性が使っていると、苦笑いではすみません。
迷惑をかけられる訳ではありませんが、そんな気分になってしまうものです。
2020年オリンピック・パラリンピックのホスト国にもなり、観光立国を目指している日本です。
美しい言葉で、真のおもてなしの心を持ちたいものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加