電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉遣いを意識して明るくなろう

スポンサーリンク

皆さんの中で、自分は性格が明るくなくて悩んでいる人はいますか。
そういう方は、意識して明るい言葉遣いを使うことをおすすめします。
性格なんてなかなか直せないと思うかもしれませんが、明るい性格の人に共通していることは、皆明るい言葉遣いだということです。
明るい言葉というのは前向きな言葉という意味で、これを使っていると態度まで前向きになることができます。
そして、自分と周りにいる人たちをさらに明るくさせてくれます。
ですから、明るい性格になりたい、プラス思考になりたいという方は、今から少しずつ言葉遣いを改善していきましょう。
そのためには、まずは自分がよく使っている言葉をチェックし、マイナスな言葉遣いは明るいものに言い換えてみることが スポンサーリンク

大事です。
日常の言葉遣いの中で、「でも」「だって」「けど」が口癖になってはいませんか。
このような後ろ向きの言葉は、ネガティブな考え方をする人、一緒にいても暗い気持ちになりそうなどと相手に思われるかもしれません。
よって、回数を減らせるように心がけてください。
その代わりに、明るい言葉、プラスの言葉を意識して使ってみましょう。
たとえば、左膝が痛い場合でも、「右膝は元気だからラッキー」と前向きな言葉で感謝するといいです。
また、仕事を一生懸命頑張って「今日は疲れた」ではなくて「今日もよく頑張った」と言えるようにしましょう。
積極的な言葉を口に出すことで、気持ちは若返るし行動も変わります。
参考にしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加