電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

依頼をする時の言葉遣いについて

スポンサーリンク

上司や目上のものに対して依頼をする時にはかなり丁寧で相手の機嫌を損ねないようにしなければいけないものです。
特に相手にとってリスクが高いような依頼であればその分言葉遣いだけではなく、仕草等も合わせて依頼をする必要があります。
全体的に丁寧な姿勢でお願いをすることが大前提で、最も大切な事です。
確実にお願いした事を実現してもらうにはこうした姿勢が日本では大切になります。
ここで適当なお願いをしてしまうとあまり情が生まれずしっかりと対応してくれない事が多いものです。
欧米などではしっかりと対価があれば動いてくれますが、日本では対価よりもこうした姿勢や態度がかなり重要なビジネススキルになり、多くの成功をつかむには大切です。

スポンサーリンク

 言葉遣いで気をつけることは特には敬語ですが、敬語だけではなく言葉づかいをしっかりと良いものにしておくという事で、多少敬語ができていなくても態度や声の大きさやイントネーションなどではっきりと印象の良い対応ができていればそれだけでかなり多くの人から良いイメージを持ってもらう事ができます。
こうした人間としての印象がお願いをする時には大切で日頃からしっかりしていない様子であればなかなか依頼も通らない事があるので十分に注意する必要があります。
対応と言葉遣いの両方を持っておくことが大切になるのでイメージアップにつながるように敬語は最低限身につけておく必要があります。
また普段から対応を誠実にしておくこともとても大切な依頼成功の要素になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加