電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

保育士の言葉遣いについて考える

スポンサーリンク

保育士の方は、まず保育園で働いている先輩や同僚、それから園長先生には社会人にふさわしい言葉遣いをすれば問題なく保育園で働くことができますが、園児の場合社会人の言葉遣いで話してしまうと、なつかなかったり良い印象が与えられなかったりします。
その場合、園児に対応するために使用する言葉は園児の目線となって園児が普段喋るような赤ちゃん言葉で喋れば園児から見て、この先生も僕達と一緒なんだという意識をするようになり、多少園児達に遊ばれたりしますが園児達に好印象を与えることができ、なつかせることができます。
しかしあまり低レベルな喋り方で接すると返って園児達に変に思われてしまうため、適度な子供の言葉で瀬接することが重要になります。

スポンサーリンク

園児に対する言葉遣いで気を付けなければいけないことは、ただ子供のような言葉で喋るだけではなく、園児が喋っている時にその会話の内容を把握した後で喋ることが基本となります。
例えば園児が今日の出来事について話しかけてきた後、先生が子供の言葉で表現する時、良かったねとか良いでちゅねなどの言葉で接してしまうと園児は既に物心ついている年頃なので、この人は自分の話をまともに聞く気がないと思われてしまい、嫌われる可能性があります。
だから園児の話を頭に叩き込んで理解した上で、自分も園児と同じ目線で会話の内容について園児が分かりやすい言葉で楽しい話をするのが一番です。
また園児の頃は躾も必要なので一旦子供のような言葉遣いをやめて厳しく叱ってあげることで園児の成長にも繋がります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加