電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

就職面接の言葉遣いの注意点

スポンサーリンク

大学生や高校生などの就職面接において大切なことは、きちんとした言葉遣いができているかどうかです。
企業の面接に行った時、緊張のあまり普段使っている言葉が出てしまい、そこから面接の空気が悪くなった経験はありませんか。
きちんとした言葉遣いができていないと、面接官から大変幼稚に見られてしまいます。
そもそも学生と社会人の間には、想像以上に隔たりがあります。
その隔たりが、言葉遣いという小さなことでもギャップをうんでしまうのです。
ここでは、面接で失敗しないための、面接での言葉遣いの注意点をお教えします。
一番大切なことは、若者言葉や略語、流行語などを使わないで話すことを心掛けてください。
そして、丁寧な言葉で相手に自分の気持ちを伝えるようにしましょう。
これだけで、面接官は基本はできていると思 スポンサーリンク

ってくれます。
悪い若者言葉の例としては、たとえば「なんか」「とりあえず」「私的には」などの言葉です。
それと、「それでー」「だからー」など、語尾を伸ばす話し方も、面接官の気に障ります。
語尾を伸ばすと幼稚な印象になるし、賢く見られません。
普段から語尾を伸ばさないように意識しておくことが大事です。
上記のように面接では使ってはいけない言葉はたくさんありますが、あまりにも言葉遣いを気にしすぎて、自分の言葉で話せないのもいけません。
伝えたいことが伝わらなかったり、間違った伝わり方をしてしまうことは、本末転倒になります。

そんなことがないように、自分の伝えたいことをきちんとした敬語で話す練習を繰り返し行ってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加