電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉遣いの注意の仕方

スポンサーリンク

先輩後輩のような年上年下の関係、上司と部下のような仕事での上下関係など日ごろから人と接する時に言葉遣いは同級生や会社の同僚などの比較的親しい人に比べて非常に気を遣うことが多いです。
自分が下の立場にいる時は注意される側であるためその注意に従っていれば対応するのが大変ですが、順調に環境のコミュニケーションに慣れていけるようになります。
ところが歳月が経ち、自分が上の立場に立つようになり、年下の後輩あるいは部下を持つことになったら、その人たちが無事にコミュニケーションの適応ができるように環境を整えていかなければなりません。
その際に一番注意するべきなのはどのように分かりやすく教えて理解をしてもらうかということではありません。

スポンサーリンク

何が一番大事かというと注意の仕方です。
理解させやすい教え方は二番目に大事にです。
何故かというと理解させてもそれは頭で理解しただけであって、行動をして経験していないからです。
むしろ経験して何らかの失敗をさせ、それを注意して諭す事でしっかりと自覚させることが一番効果的です。
特に、全てにおいてコミュニケーションの中核となる言葉遣いは失敗すると取り返しのつかないことになりかねません。
また、注意の仕方にも工夫が必要です。
ただ怒りに任せて怒るのではなく、失敗した側も次の改善点が見出せるような工夫をするのが必要です。
順調な構造を作るなら下の立場の人以上に上の立場の人がどのようにして入り込みやすくするかが大事になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加