電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉遣いの仕方の具体例記事一覧

秘書やアナウンサーなど、ビジネスや「言葉」を扱う人の間では「とんでもございません」という表現は間違った日本語と考えられています。一般的に「とんでもない」を丁寧にした表現として使われていますが、もともと「とんでもない」というのは、「思いがけない」「意外である」という意味のひとつの単語であり、それを「とんでも」と「ない」に分けて「ない」の部分を「ございません」に変化させたものであり、誤用であると言えま...

日々生活を送る中で、ご苦労様ですといった言葉遣いは、どうしてもしてしまいがちなものです。しかし意外と知られていないのが、このご苦労様ですという言葉が、目下の人に対しての言葉であるという事です。まれに部下が上司に対し、ご苦労様です又はご苦労様でした等の使い方をしているパターンがありますが、社内での地位が目上の方に対しては、ご苦労様ですではなく、お疲れ様です又はお疲れ様でしたと伝えるのが適切になります...

社会人になれば、誰もが使う言葉があります。その中の一つに「お疲れ様」という言葉がありますが、この言葉を使うにはマナーが存在します。社会人として失礼のないように、正しい言葉遣いを学んでおきましょう。例えば、お疲れ様と似た言葉に「ご苦労様」という言葉がありますが、使い分けのシーンを間違ってしまっている人は少なくありません。ご苦労様と言う言葉は、目下の人に対してする挨拶です。対してお疲れ様は目上の人に対...

そうなんですか、そうなんですね、は同じような意味あいの言葉ですが、話し方や聞き手によって、そうなんですね、はいろんな印象を受ける言葉だと思います。そうなんですね、はここ数年でとくによく聞くようになった気がします。保険外交員の方や、デパートなどの接客業をされている方などが比較的よくつかう言葉遣いのように感じます。そうなんですか、は目上の方に物事を教わる時に使用すると、教えてくださった方は、ああ、知ら...

子供ならいざ知らず、社会人になったら言葉遣いには十分気をつける必要があります。言葉というのは人によって捉え方が変わることがあります。こちらは良い意味で言ったにも関わらず、相手の人は悪い意味に取ってしまうこともあるのです。人間は社会に中でしか生きてはいけませんから、人間関係を悪くするようなことはしないほうが良いと言えます。ですから言葉遣いというのは大変重要になってくるのです。特に目上の人に対しては十...

多くの人が利用している敬語ですが、これらはしっかりと訓練されて使っているものではなく、仕事や生活の中で学んだ言葉遣いを活用しているだけなので時には使い方を間違ってしまう事もあります。特にほとんど使う事のない「くださいませ」は主に一方的に何かを指し示したり提案する時に使われる丁寧な表現で、相手の体調をうかがう時等に「ご自愛くださいませ」というような使い方をするものです。一般的に多いのはお店の店員がこ...

食う、という言葉遣いは、男性であっても好ましい言葉ではありませんが、女性が使う言葉遣いとしては、美しく響きません。しかし、年齢を問わずに、女性のグループから聞こえることがあります。親しいグループで気取りのない会話は楽しく、言葉遣いもカジュアルになるものですが、食うの他にもヤバイ、スゲ〜などは、聞きたくありません。ゴルフの午前のラウンドが終わって、食事中などに、こんな会話が聞こえて来る時があります。...

よく自己紹介などで、へりくだって使う言葉遣いに「させていただく」というのが気になります。たとえば、同世代の父兄に対して「このたび、PTA会長をさせていただくことになりました〇〇です」とか、年下の生徒に向かって「理科を担当させていただく〇〇です」とか、聞いているほうが、その必要性を感じない場合が多いのです。PTA会長など、させてもらうというより、皆に押し付けられて、断りきれず引き受けた場合が多いでし...

たいていの方が、何かあると、ついつい、すいません、という言葉を使われていると思います。他人に対して謝るときや、ちょっとよろしいでしょうか、などという意味でも、すいませんという言葉を使っています。すいませんという言葉は、すみませんという言葉が、段々言いやすくなった言葉であり、基本的に、すいませんという言葉遣いは日本語にはありません。つまり、大半の日本人の方が、当たり前のように日本語には無い言葉遣いを...

小論文や作文の言葉遣いの注意に「とか」は使わないというアドバイスをよく見かけました。書き言葉として「とか」は用いては間違いという意味なのかと思っていました。・「とか」は例をあげて述べるときに使う副助詞です。が、もうひとつ、現在は格助詞の「と」と「副助詞」の「か」で文末にくっつけて、不確かなまま言葉を言いきらない用法でも用いられています。自分の発言に責任をもたないでぼかす言い回しです。確かに、そうい...

社会人にとって敬語の使い方は重要です。言葉遣いの中でも特に敬語はよく使う上に知識の差がかなり付くところでもあります。敬語の使い方は基本的に目上の人と接することで覚えることが一般的です。昔は年上の人と話す機会が多かったので敬語は自然と覚えることが出来ました。しかし、最近ではあまり近所付き合いなどが減った影響で敬語を使う機会が減ってしまいました。なので、社会人になっていきなり敬語をたくさん使わなければ...

言葉遣いはその人を表す非常に大切なものです。面接や試験といった場面でなく、普段から何気ない所で見られていることを意識しておくべきでしょう。ビジネスシーンでも同様です。言葉遣いがきちんとしている人は責任感や信頼感を与えることが出来ます。しかし、きちんと使えていない人は不信感やだらしない印象を与えかねません。最近は敬語をきちんとつかえていない人が増えてきているようですが、その中でも「ですかね」という表...

会社に入社して社会人になってきますと、先輩方々からいろいろ仕事について指導されることが増えてきます。それは先輩ならではの仕事でもあり当然の役割でもありますので指導したり教えたりするのです。その上で新人たちは仕事を覚えていったり試行錯誤しながら仕事に取り組んだりするようになっていくわけです。最終的には自分ひとりで責任を持って仕事を担うことになっていきます。そうなるために先輩方々は指導していくのです。...

大丈夫です。さて、何が大丈夫なんだ、何の根拠をもって大丈夫なんだという言葉遣いが、世の中多々あります。たいした根拠もなしに、安請け合いして大丈夫と言うこともたまにあります。病気などのでは「大丈夫です」と言われると、なんとなく大丈夫な気がしてきます。安心させられる言葉です。それとは逆に、頼みごとをして大丈夫だと言われると任せて大丈夫なんだという気がします。大丈夫ですと言われて帰ったのに、あとから、な...

言葉遣いについてはビジネス面でも非常に注意がされやすいもので、面接のシーン等でも目上の方からは聞かれている場合が多いですし、接客などのシーンでも聞かれている事が多いです。しかし、最近では言葉遣いについて注意をする大人も減り、正しい日本語の使い方がされていないという場合は多く、その代表となる言葉の中に、よろしかったでしょうかという表現があります。この言葉の意味の裏には、よろしいでしょうか、良いですか...