電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉遣いの仕方の基本記事一覧

情報化社会、一般家庭へのインターネットの大幅な普及、さらにはツイッターやフェイスブックなどのSNSの登場と、人々がネットの世界に足を踏み入れる機会が非常に多くなった昨今、「ネチケット」と呼ばれるようなインターネットの世界での人々とのやり取りについてのマナーの総称ができるなど、ネット文化が非常に普及してきました。ところが、普及しすぎたが故にそうした「ネチケット」としては不適切な事態があちこちで発生し...

最近の若い人たちの言葉遣いには、間違った言葉遣いが多く見られます。しかしそれらは、若い人たちの間では通じますし、少し考えれば多くの人たちに通じるので、言葉が通じなくて困るということがあまりないために、多くの若い人たちは間違いに気付くことができません。そして、その間違いに気付いてもなんとなく意味が通じているため、とくに強く注意をしたり教えてあげたりする大人もなかなかいないのが現状だとおもいます。その...

世の中には美しいものと醜いものがあります。それは言葉遣いにもいえることです。しかし、時と場所を選ぶことも重要であると言えます。例えば、宮中の言葉を日常的に使っていてもまったく意味がないのです。確かに綺麗で格式のある言葉であることは確かですが、それは日常的に使う言葉ではないのです。そのあたりのことよくよく理解してじっくりと言葉遣いを決めることです。丁寧語、尊敬語、謙譲語、と言うのが今現在使われている...

日本では各都道府県により標準語から多くの方言が存在しますその時に、自分が生まれ育った環境により言葉遣いというものが大きく影響をされます。簡単にいうと関西弁を使っているのであれば、その人の育ちは大阪周辺であると予測ができます。ここでは、まずここでは言葉遣いと育ちに関係について書いていきます。言葉遣いは、基本的には親からこどもへ伝わるものです。そのため、親が教育をしていくときに、乱暴な言葉や間違った言...

研修で電話応対マナーを教育している会社も多いと思います。顔が見えませんから、その会社のイメージとなります。マナーひとつでイメージが分かりますから、ちゃんと正しい言葉遣いを勉強する必要があります。新社会人の方でも新人研修でしっかり学ぶことができます。会社によっては3コールや5コール以内に出ると決められています。当然ですが、お客さんを待たせるのはよくありません。待たせないことが大切です。待たせてしまっ...

お嬢様学校と一般的に言われるような学校というのは、今も昔も変わらぬ人気を誇っているところが非常に多くあります。一時期だけ話題になってはやる学校というのはたくさんあるものの、常に注目を集めて人気を保っている学校というのはあまり多くはありません。というのも、最近は私立を中心に学校の数自体が非常に増え、その影響で定員割れを起こす学校も出てきているために学校間の競争が非常に激しいからです。もちろん御三家と...

世の中に職業と名の付くものは多数存在しますが、正規、非正規にかかわらず多くの人が務めたことがある職種と言えるのが接客業であります。若い年齢で高校生のバイト、年老いた年齢で言えば定年退職した人たちのパートタイムでの就業などなど、もちろん正規の職でもそれは多数あります。そしてほぼ必ずあるのがレジでして大なり小なり接客業に勤めれば一度は触ります。しかも年齢も幅広く、故に学歴や職歴もまちまちの方たちが使用...

現在、フリーダイヤルや有料ダイヤルでお客様からの電話を受け付けるコールセンターは、業種を問わずほとんどの企業が設置しています。注文窓口、サポート窓口、お客様相談窓口など様々な目的があります。お客様に対応するオペレーターは、企業の顔とも言われます。対応によって、企業へのイメージが良くも悪くもなりためです。そのため、コールセンターでは、お客様と実際に対応するオペレーターに対して、しっかりした研修を行う...

見た目の雰囲気や話し方など人は、さまざまなものからその人の印象を感じ取ります。私はその中でも、言葉遣いは人への印象を変える、とても大切なポイントだと思います。見た目が少し怖そうだなと思う人だったとしても話してみた時に、すごくきちんとした話し方をされるとその人に対する印象も、すごく良くなります。逆に、見た目や雰囲気がすごく感じの良さそうな人でも話し方や言葉遣いがとても悪い人だったら、すごくがっかりし...

クッション言葉とは、言葉の前につける言葉で、言葉全体を和らげるクッションのような役割をする言葉です。主にビジネスシーンでよく使われる言葉です。同じことを言う場合でもクッション言葉を入れることで、印象ががらりと変わることがあります。ビジネスを円滑に進めるために是非身につけたい言葉遣いです。クッション言葉にはいくつか種類があります。まず代表的なのは、相手にお願いをするときです。たとえば、お客さまにサイ...

保育士の方は、まず保育園で働いている先輩や同僚、それから園長先生には社会人にふさわしい言葉遣いをすれば問題なく保育園で働くことができますが、園児の場合社会人の言葉遣いで話してしまうと、なつかなかったり良い印象が与えられなかったりします。その場合、園児に対応するために使用する言葉は園児の目線となって園児が普段喋るような赤ちゃん言葉で喋れば園児から見て、この先生も僕達と一緒なんだという意識をするように...

プレゼンでの発表は、誰でも緊張をするものです。その日のために用意した資料や文章を、大勢の前で発表するわけです。何回事前に練習を重ねたとしても、本番では思いもよらないようなハプニングが起こることもあります。少しでも良いプレゼンとなるように、言葉遣いから考えていきましょう。 マイクを使うかどうかですが、マイクを使用する場合は、音量が適切であるかどうか、事前に確認しておきましょう。 言葉遣いについてです...

「最近の社会は美しい日本語を忘れている・・・道徳心の低下か」と問題提起されることが度々あります。確かに、巷にあふれる言葉は乱れていると感じることが増えました。若者の何でも省略言葉。ネット内の誹謗中傷するかのような言葉。「目上の人には敬語で話す」という世間の常識は、「誰が目上の人なのか」も社会に出るまで考えたこともなかったかのような若者達を見ると、廃れてきたのかもしれないと感じることがあります。親や...

皆さんの中で、自分は性格が明るくなくて悩んでいる人はいますか。そういう方は、意識して明るい言葉遣いを使うことをおすすめします。性格なんてなかなか直せないと思うかもしれませんが、明るい性格の人に共通していることは、皆明るい言葉遣いだということです。明るい言葉というのは前向きな言葉という意味で、これを使っていると態度まで前向きになることができます。そして、自分と周りにいる人たちをさらに明るくさせてくれ...

お子さんがいらっしゃる家庭の方で、子どもの乱暴な言葉遣いを治したいと考えている人はいますか。例えば、子供が怒鳴りつけるような口調で物を言ったり また「お茶」とか「ふきん」とか欲しい物を大人に対して命令調で言ったり、「ウザイ」「キモイ」「死ね」のような、人をののしる言葉を改善したいと考えている人は多いのではないでしょうか。このような子どもたちの言葉遣いに影響を与えるものとして、「テレビ」85、8%、...

上司や目上のものに対して依頼をする時にはかなり丁寧で相手の機嫌を損ねないようにしなければいけないものです。特に相手にとってリスクが高いような依頼であればその分言葉遣いだけではなく、仕草等も合わせて依頼をする必要があります。全体的に丁寧な姿勢でお願いをすることが大前提で、最も大切な事です。確実にお願いした事を実現してもらうにはこうした姿勢が日本では大切になります。ここで適当なお願いをしてしまうとあま...

社会人になっても間違った言葉遣いを続けている人は、仕事上の信頼を得ることが難しくなる場合があります。「正しい言葉遣いができないような人には任せられない。」と思われてしまうのです。せっかくスキルもやる気もある人であっても活かせないのは残念なことですよね。正しい言葉遣いは社会人になったからと自動的に使えるようになる訳ではありません。子どもの頃から特に家庭でしっかりと教えられる必要があります。学校でも当...

日本人であっても、言葉遣いをチェックするのは難しいです。国語の問題でこの文のなかに間違いが〇こあります、どれとどれですか、であればまだしも、作文のように、あるかないかわからないでチェックするのは難しいです。ワードというソフトで文字を打つと、たとえば、「らぬき」は波線がはいります。「見れます」と書くと、緑の波線がついて、正しくは「見られます」です。そうした単純なチェックはまだいいのですが、難しいのは...