電話応対や接客、面接時などの正しい言葉遣いの仕方

言葉使いと言葉遣いは言葉遣いが正解、言葉が遣える様になりましょう

スポンサーリンク

赤信号で横断歩道を渡ったら、車にひかれてしまいます。
人の物を盗んではいけません。
この社会には、色々なルールがあります。
私たちは子供の頃から、社会で必要なルールを学んでいくわけですが、その中で、正しい言葉使いの仕方を学ぶことも大変重要です。
社会人になると、敬語が使えない人は常識のない人として見られてしまいます。
敬語の使い方一つで、社会人としての常識があるかないかの基準になるのです。
それでは、正しい言葉遣いはどこで学べるのでしょうか。
それは、日本の義務教育の中で学べるでしょう。
しかし今、日本語は乱れています。
若者言葉しかしゃべることが出来ない、敬語を知らないという人は多いのです。
新しい言葉を生み出すクリエイティブさは素晴らしいのですが、公私を充実させるべく綺麗な日本語を学んではいかがでしょうか。

スポンサーリンク

本屋に行けば言葉遣いに関する本がたくさん出版されています。
また、マナー研修があります。
社会人になりたての新入社員は、まずこういう研修を受講するでしょう。
それ以外の一般の人も、随時募集している講座もありますので、問い合わせをしてみると良いでしょう。
本を買う余裕がない、講座に行く時間がないという方は、自分のメンター(師)を見つけてその人から学ぶと良いでしょう。
何の見本も無いのに上手になることは不可能です。
何事も上達するには、やはりお手本になる人や物から教えを請いて進んで行くことが一番だと思います。
今まで知らなかった世界が開き、自らの可能性もどんどん広がっていくことでしよう。
また、相手に腹が立ったり、イライラしている時に言葉遣いが乱れる人は、感情をコントロールするところから始めてみて下さい。
正しい言葉遣いをおぼえたら、その言葉に相手への思いやりや、愛情を乗せてみて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加